主に漫画の感想。その他日常についても書きます。

漫画と仕事と生活のブログ

横長1

クッキー 作家別 池谷理香子 漫画・アニメ感想 雑誌別

『ハコイリのムスメ』/池谷理香子 31話(クッキー9月号) あらすじ・感想

投稿日:

 

『ハコイリのムスメ』31話のあらすじ・感想です。

 

前号はお休みだったので、待ってましたーという感じです。

 

いつも思いますが、池谷先生のカラーの扉絵は本当に可愛い。

 

 

あらすじ

 

珠子のバイト先にいる嫌われ者の緑田さん。どうやら珠子のことを相当気に入ったようです。

 

頭ぽんなどのスキンシップは何とか避けながら、緑田さんの自分語りにテキトーに付き合う珠子。

 

しかし、ある日バイト先に紀之さんが来て緑田さんの態度は一変します。

 

うれしそうに珠子が接客する様子が相当気に食わなかったようで、緑田さんは珠子のことも紀之さんのことも侮辱し始め・・・

 

さすがにカチンときたのであろう珠子が「この人はわたしの彼氏です!」と堂々と紹介すると、緑田さんのプライドはガラガラと崩れ落ちてしまいました。

(自分の方がよっぽどイケてると思ってたのか?)

 

それまでは勝手に珠子のことを「自分をわかってくれる運命の人」だと勘違いしていたようですが、今度は「貪欲で汚れた豚」扱い。

 

 

一方、紀之さんのお友達の卓はテレビのキー局に就職内定。

サクちゃんはまだ決まっていないようです。

 

 

珠子は、「自分は元いた場所(実家)に戻るだけ」という進路を改めて考えて、モヤモヤしている様子。

 

紀之さんは、本人は否定しているものの、まさかの小説家フラグ?

(知的好奇心が強くて、気になったことは調べまくるという性格なので、「書く仕事が向いているのでは?」と卓に勧められた)

 

 

次号へ続く。

 

 

感想

 

緑田さん、現実でもギリギリいそうなキャラですね。残念すぎる。見た目も含め。髪型、眉毛…

 

捨てキャラなのでテキトーな外見ですな。

 

小説家を目指してファミレスでバイトし続けるっていう設定も、何とも哀れです。

 

 

たいていのバイト先にはウザい奴がいると言っても、緑田ほど強烈なのは稀ですよね。

それでも辞めない珠子、えらい。しかも仕事に慣れてきて、ホールの仕事が楽しくなってきたとのことです。

 

そう考えると、珠子は確かに家事全般が得意ですけど、実は他の仕事もできるのかもしれません。

読者としても珠子の新しい一面(例えばどこかに就職してバリバリ働くとか)が見てみたいし、珠子自身もそうなんじゃないでしょうか。

 

だから、他のみんながこれから新しい世界に飛び込んでいくことをなんとなく寂しいと感じるのかも。

 

 

お嬢様の珠子でもそうなのだから、一般家庭で育った紀之さんならなおさら、フツーに何かにチャレンジしたいと思うでしょう。

 

小説書くってのはちょっと意外すぎるんですけど、、そんなキャラでしたっけ?

 

 

ここからは予想ですけど・・・

いつだか、珠子の爺さんがゴフゴフ咳き込んでいたので、近々死ぬんじゃないかと思うんですよ。

 

そしたら珠子も紀之も自由に進路選べるんじゃないですかね。(雑)

 

ただ、爺さんだけじゃなくて母親も厄介っていう・・・

 

珠子が「東京の大学行きたい」って言った時は、母親は味方してくれましたけど、

それはあくまで「卒業後帰ってくる」っていう前提があるからこそだと思います。

 

なんであれ、以前のクマちゃんとのやり取りからして、珠子と紀之がすんなり園田家に入るってことはないはずです。

 

もしくは、一旦は帰るけれどもその後また家を出ることになるとか。

 

次号も楽しみです。

 

 

10巻出てます。

 

 

-クッキー, 作家別, 池谷理香子, 漫画・アニメ感想, 雑誌別

Copyright© 漫画と仕事と生活のブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.