主に漫画の感想。その他日常についても書きます。

漫画と仕事と生活のブログ

横長1

ココハナ 作家別 槇村さとる 漫画・アニメ感想 雑誌別

『モーメント 永遠の一瞬』/槇原さとる 67話(ココハナ10月号) あらすじ・感想

投稿日:

 

 

『モーメント 永遠の一瞬』67話のあらすじ・感想です。

 

 

 

あらすじ

 

無事に奈々が会場入り。

 

全日本のフリーが始まりました。

 

順番は雪が先で、そのあと最終滑走で奈々。

 

ショートプログラムではトリプルアクセルを失敗した雪でしたが、フリーではしっかり決めて、場内は大歓声に包まれます。

 

興奮冷めやらぬ会場…そんな中でも奈々は動揺を見せず、表情はいつもと同じ。

 

 

さて、これから奈々が滑る・・・というところで次号へ続きます。

 

 

感想

 

奈々は、今まで何度も雪に「敗けない」って言ってるんですよね。

ノービスで初めて出会ったとき、雪がモスクワから帰ってきたとき・・・。そして今回。

 

雪がスランプに陥って第一線から離れていた間も、奈々はずっとトップで戦ってきました。

 

雪も大好きなんですが、この全日本は奈々が勝ってほしい、かも。。

 

才能という意味では、そりゃあ雪の方が上なんでしょう。でも、奈々も報われてほしい。

 

ショートプログラムのときに、奈々の演技を見た記者(雪びいき)が「何かが足りない」と言っていました。

 

奈々自身もそれをわかっています。

「むっちゃんのような熱い演技をしたい」「観客はテクニックを見たいのではない」と。

 

その足りない「何か」を、フリーで見せるのではないか?そして、今回だけは奈々が雪に勝つのではないか?と予想しています。

 

13巻出てます。

 

 

-ココハナ, 作家別, 槇村さとる, 漫画・アニメ感想, 雑誌別

Copyright© 漫画と仕事と生活のブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.