主に漫画の感想。その他日常についても書きます。

漫画と仕事と生活のブログ

横長1

ココハナ 谷川史子

『はじめてのひと』/谷川史子 22話 (ココハナ7月号) ネタバレあらすじ・感想

更新日:



『はじめてのひと』/谷川史子 22話 (ココハナ7月号) ネタバレあらすじ・感想です。



いやー、女って怖い・・・(私も女ですが)


ざっくりあらすじ


突然花房から別れを告げられ、パニクる恵麻。

 

 

強引に旅行に誘ったことを謝り、もっとがんばるから別れるなんて言わないで、と泣きながら説得を試みるも、

 

花房の心は動かず・・・。

 

 

前回、恵麻が花房の家でごはんを作ってくれているところを見て、

花房は「何十年先もこうしていっしょにいることが想像できなかった」

と感じた。

 

 

それが別れを切り出す原因となったそうです。

 

 

そして数ページ前まで泣いてすがっていたのが嘘のように、

 

 

恵麻はおっかない顔してビンタ&「消えて」

 

 

「あんたみたいな収入と見てくれだけのぼーっとしたつまんない男」

(あ、やっと気付いたのね・・・)

 

と捨て台詞を吐きます。

 

 

一方、北別府さんのほうはというと、

「花房さんのことはあきらめる」と決めたのに、思いはより一層ふくらんでいるようです。

 

 

毎日ふとした瞬間に花房を思い出してしまう・・・。

 

 

その後、道端で花房と北別府さんがすれ違いそうになるものの、

タイミングがずれてお互い気づくことはありませんでした。

 

 

次回。

 

感想


今回は恵麻と花房がようやく別れたので、すっきりと言えばすっきりな回でした。

 

 

それにしても恵麻。ちょー怖いじゃないか。

 

 

でも、結婚適齢期の彼女に対して

結婚相手として見れないから」とフッてくれるのは誠実じゃあないですか?

 

 

そこでダラダラ付き合って30超えて〜・・・よりよっぽど良いと思う。

 

 

 

学生時代のお付き合いと、アラサーのお付き合いじゃ意味が違うんだよー

ということを、ボーッとした男こと花房クンも学習できたことでしょう。

 

 

 

さて、恵麻が料理するところを見て

「何十年先もいっしょにいることが想像できない」と思った花房。

 

 

別れる原因に北別府さんは関係ないと言っていましたが、

 

北別府さんの部屋で朝コーヒーを淹れてもらうのを眺めているシーンが以前あって、

そのときは恵麻と違って未来を想像できたんじゃないかなあ。

 

 

 

というか、もうすぐサウジ行くんですよね、花房。

北別府さんとは一体どうなるんでしょう・・・。

 

 

 

次回はまた2ヶ月後です。

 

 

4巻出てます。

 

←21話 23話→

-ココハナ, 谷川史子

Copyright© 漫画と仕事と生活のブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.